長時間心電図記録


fig.4

狭心症での虚血性心電図変化や不整脈を確認するため24時間心電図を記録するホルター心電図は、記録後機器を取り外しに来られた日に即時解析して結果をご説明致します。日をあらためて受診する必要はありません。また、まれにしか起こらない症状に対しては、1週間貸し出しで症状が出現した際ご自身で心電図記録を行うイベントレコーダーを使用します(fig.4)。稀な不整脈などに対してはホルターよりも診断率が高いとされています。