貧血

酸素は赤血球中にふくまれるヘモグロビンと結合して組織へ運ばれます。消化器系潰瘍、子宮筋腫などが原因での急性、あるいは慢性の失血によりヘモグロビンの構成要素である鉄が欠乏してヘモグロビンが低下したり、骨髄での赤血球の生成が低下して血液中の赤血球の比率であるヘマトクリットが低下した場合は、ヘモグロビンにより組織へ供給される酸素が低下します。貧血では組織の酸素不足が起きやすく、疲れやすい、息切れがするなどの症状が出たり、心臓は脈拍数を増やすことで組織への酸素供給を補おうとするため、心拍数が増加して動悸を自覚したりします。

診断:

血液検査